2006年11月08日

あさっての方向。第5話感想

asatte04_01.jpg

あさっての方向。第5話の感想です。
最近どんどん椒子たんが可愛くなってきているんですが
どういうことでしょうか。
1話見たときは「何だこのヒステリーさんは」と思ったものですが。

…べ、別にちっちゃくなったからとかそういうのじゃないですよ!?(;´Д`)/


【以下、ネタバレ文章及び画像あり】


asatte04_02.jpgasatte04_04.jpg
asatte04_02.jpgasatte04_05.jpg

と、いうわけで始まった共同生活。
いきなりだらしない大人(と子供の姿した大人)2人と、せっせと朝食の
準備をするからださん。
この対比がたまりませんなw
というか、布団が持ち上がらなくてぷるぷるしてる椒子たんがヤバイ
そりゃヤバイ。<二回言った




asatte04_06.jpgasatte04_07.jpg

まだ不慣れながらも少し造つ今の生活に慣れつつあるからだ。
しかし椒子はまだこの環境でどう自分の立場を設ければいいかいまいち
決まっていない様子。
まあ急に子供になったからってできることなんて少ないよな…。
とりあえずからだにばっかり構う尋にはちょっと妬いているようです。
可愛いなあ<ぉ




asatte04_10.jpgasatte04_11.jpg

なんとなく近所の広場に来た椒子。
そこでだるまさんがころんだをしている子供達を見て、かつて自分が
子供だったことのことを思い出します。
当時からカタブツのイメージがあったのか、遊びに誘われても
「あいつは駄目だ」と他の子供に言われ、ひとりポツンと帰っていた様子。
なるほど、不器用な感じは当時からだったんですな…。




asatte04_12.jpgasatte04_13.jpg
asatte04_14.jpgasatte04_15.jpg

そこに現れた謎のおねーちゃん。
やけに馴れ馴れしい感じで椒子に話しかけ、しかも遊んでる子供達に
椒子も仲間に入れてあげてと言う始末。
この時の椒子たんのビックリ顔がいい感じでございます。




asatte04_17.jpgasatte04_18.jpg

尋は透子に、からだは見つかったけど今は親戚の家にいる、と
嘘をつく。まあ、そりゃ言っても信じてはもらえないと思いますけどね。
一方赤ガキは相変わらず厳格な母の呪縛から逃げられないようです。
いいぞ、そのままずっとそこにいろ!<ぉ




asatte04_19.jpgasatte04_20.jpg
asatte04_21.jpgasatte04_24.jpg

からだと尋がこれまで生活に少し造つ戻って行く中、まだ自分を
受け入れ切れない椒子。
現状は認識していても、どう生活すればいいかというのは難しいですよね…。




asatte04_23.jpgasatte04_25.jpg

しかもこのルンペン野郎は、椒子の微妙な心の機微を全く分かっていない様子。
こいつは絶対甲斐性無しだ!




asatte04_26.jpgasatte04_27.jpg
asatte04_28.jpgasatte04_29.jpg

どうやらこのおねーさんは赤髪の幼馴染と言うことらしいです。
なんていうか、エロい…。なんかこのアニメはいちいち肉感的なんですが。
もっとやってくださいマジで。
腐っていた赤髪にアドバイス。チッ、余計なことを。(#゚д゚メ)




asatte04_30.jpgasatte04_31.jpg

また例の広場に来た椒子。
そこで女の子に「一緒に遊ぼうよ」と誘われるも、昔と同じように
男の子から「そいつは遊ばないよ」と言われ、帰ろうとしたその時。
女の子が椒子の影を踏み、「おにー!」と一方的に遊びに巻き込みます。
ナイスだ女の子!




asatte04_33.jpgasatte04_34.jpg
asatte04_35.jpgasatte04_36.jpg

これに対し椒子は、セコイ手口で女の子の影を踏み直し。
「子供ね」という椒子さん、あなたの方がよっぽど子供っぽいですからー!(笑
しかしここの描写はなんというか、深読みできるいい描写です。
それまで曖昧だった椒子の立ち位置を、影を踏んで他明したのは子供の女の子。
これが、大人の心を持っていた椒子に「子供」としての自分を始めて
無意識に自覚させたことになるのかもしれません。
この姿になって初めて屈託無く笑った椒子。
この勝ち誇った顔、最高ですよね。




asatte04_37.jpgasatte04_38.jpg
asatte04_39.jpgasatte04_40.jpg

かくして、泥だらけになるまで遊び倒したと思われる椒子。
初めて無邪気に自分を解放した為か、その顔は非常に満足気です。
と、そこに帰りが遅いことを心配したからだと尋が迎えに来ます。
夕日の中、手を繋いで帰るその姿は完全に家族。
微笑ましくも実はちょっと歪なその関係をそのまま示しているようですが
三人ともこれで初めてこの状況を完全に受け入れたと言えるでしょう。

うーん、上手い。正直目をむくような激しい展開はありませんが
とにかく丁寧な描写とカメラワークで時間を感じさせない出来です。
ここまで日常をまったりと書きつつも、底に流れるテーマを忘れない
姿勢は非常に好感が持てます。
是非このまま、じっくりと進んでほしいものです。


というわけで、主役三人が一応の立ち位置が決まったところで
次は周りの人間というわけで、透子に見られちゃったー!
しかもあの赤髪も帰ってきたようで、次はこの人達絡みですね…。
ていうか赤髪、からだに手を出したらブ ッ コ ロ ス 。

posted by GAITOU at 19:19| Comment(1) | TrackBack(2) | あさっての方向。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
逝ってよし(ノ゚Д゚)ノシ♪ http://64n.co/
Posted by 私だ at 2012年01月24日 09:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

あさっての方向第5話の感想-正直、感動しました。
Excerpt: 初回から、一応流す感じで見てたのですが、 第3話あたりから、こういうしっとりくるのっていうのも、 いいものだなーと思ってたんですが、 今回は、じーーんとキテしまいました。 椒子です。椒子感動です。 ..
Weblog: ドラマ・アニメ凝視
Tracked: 2006-11-09 23:15

レビュー・評価:あさっての方向。/第5話「帰るところ」
Excerpt: 品質評価 29 / 萌え評価 38 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 18 / お色気評価 7 / 総合評価 16<br>レビュー数 54 件 <br> <br> 尋・からだ・椒子の三人は、五百川家でし..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-03 15:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。