2008年04月01日

狼と香辛料 第12話〜第13話感想

wolf08_01.jpg

狼と香辛料第12話〜13話の感想縮小版です。
遂にホロさんロレさんとも今回で一旦お別れ。
中世夫婦漫才経済アニメという謎なジャンルだった今作はどのような
フィナーレを迎えるのか?
ではいってみましょう。

【以下ネタバレ文章及び画像あり】





wolf1201.jpgwolf1202.jpg
wolf1203.jpgwolf1204.jpg
wolf1205.jpgwolf1206.jpg
wolf1207.jpgwolf1208.jpg
wolf1209.jpgwolf1210.jpg
wolf1211.jpgwolf1212.jpg

第12話。特に言うことなし<こら
いや、何というか最終話の前振りにしては結構淡々としてたというか、
ロレンスさんが借金にまみれて「気がつけば地の獄っ…!」状態の時の方が
気持ち的に盛り上がってた気がします。
商会が何かしてくるのもなんとなくは予想できていたことでもありますし。
しかしホロさんはダメ亭主のフォローに忙しいですなw
ノーラさんがその実力を見せつつ、密輸は順調でしたが、「若造共」の乱入で
引き裂かれたロレンスとホロはどうなるのか?





wolf1301.jpgwolf1302.jpg
wolf1303.jpgwolf1304.jpg
wolf1305.jpgwolf1306.jpg
wolf1307.jpgwolf1308.jpg
wolf1309.jpgwolf1310.jpg
wolf1311.jpgwolf1312.jpg

第13話。
…改めて見ると、でかすぎるでしょうホロさんw 反則w
まぁ、だからこそそれを使わぬようにしてきたロレンスさんのいい人ぶりが
わかるわけですが。
頭をパックリ咥えられた商会のおっさんカワイソス。
あとノーラさんパックリは、ありえないと思いつつも一瞬ビクッってなりましたw
商会は賭けに負けたわけで、それを商人としてきっちり『仕返し』したロレンスさん。
アニメならではの派手な演出ではなく、地味な手段こそこのアニメでは正当であり、
だからこそ独自の面白さがあったと思います。




wolf1313.jpgwolf1314.jpg
wolf1315.jpgwolf1316.jpg
wolf1317.jpgwolf1318.jpg
wolf1319.jpgwolf1320.jpg
wolf1321.jpgwolf1322.jpg

まぁ、それに加えてやっぱり夫婦漫才がこの作品の魅力でもありますがw
一見、力関係では上に立っているようなホロさんが、結局は翻弄されて
しまうのを見てニヤニヤするのが、このアニメの正しい楽しみ方ですな。
目的地である北の地に着くまでに、いくらでも話は作れそうですから、第二期も
期待できるのではないでしょうか。
全体を包む雰囲気と、普段は見られないようなテーマが上手く響き合って
胸を郷愁のような何かがくすぐる、不思議なアニメでした。



wolf1323.jpg

ずっと孤独だった賢狼と、一介の商人。狼と、香辛料。
2人で世界を巡った先に見る果てには、何があるのか。
まだまだ旅の途中です。




…とりあえずは、ずっと我慢してた原作を買ってこようと思いますw
ラベル:狼と香辛料
posted by GAITOU at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 狼と香辛料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 狼と香辛料 第13話 「狼と新たな旅立ち」
Excerpt: 狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) 傷ついたロレンス。ノーラに迫る危機。裏切りを知ったホロは怒りを抑えることができずに・・・。
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-04-02 00:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。